コピートレード

【Bitget】コピートレードのレバレッジについて解説します

Bitgetのコピートレードでは、レバレッジをかけることが出来ます。

コピートレードの設定をする際にもレバレッジの項目があります。

しかし、レバレッジという言葉を知らない人は何をどう設定すれば良いのか分かりませんよね。

 

この記事では、レバレッジという言葉の説明からメリット/デメリット、Bitgetのコピートレードにおけるレバレッジに関して解説します。

 

レバレッジとは?

レバレッジは「レバー=てこ」から来ており、直訳すると「レバレッジ=てこの原理」となります。

てこの原理は小学生の時に勉強したので知っていると思いますが、意味としては小さな力で大きなものを動かすことができる“仕組み”を意味します。

 

投資におけるレバレッジ

投資におけるレバレッジとは、担保として預けた証拠金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できるという仕組みです。

少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みを「レバレッジ効果」と呼びます(株式投資では信用取引においてレバレッジが用いられます。)

 

投資の世界では、「レバレッジ」という言葉を使っていない場合でも、自然とレバレッジの効果を発揮していることがあります。

株式投資の「信用買い」は、株式の購入に際し手元資金が少ない場合でも証拠金を差し入れることにより資金力以上の株式を購入することができるため、実質的にレバレッジ効果が発揮しています。

 

またFXにおいては、レバレッジ取引が一般的になっています。

外国のFX会社では、高レバレッジの取引が出来るという点をアピールポイントとしているところも多いです。

 

レバレッジ取引のメリット

 

大きな金額を運用できる

レバレッジ取引の1番のメリットは、資金の何十倍にも相当する資金を動かして取引できるという点です。

資金が10万円でレバレッジを10倍に設定すれば、10万円の10倍にあたる100万円分の資金を動かすことができます。

 

利益が大きくなりやすい

投資にかける資金が少ない方でも、レバレッジをかければ大きな利益を得ることも可能です。

現物取引(レバレッジをかけない取引)で10万円の利益が出たと仮定します。

この取引で、もし10倍のレバレッジをかけていた場合、10万円の10倍にあたる100万円の利益が出ていたということになります。

 

レバレッジ取引のデメリット

 

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジ取引では、利益が大きくなる反面、損失も大きくなる可能性があります。

いわゆるハイリスクハイリターンの取引になるので、注意が必要です。

 

ロスカットされやすい

レバレッジ取引では実際の数倍の資金を動かしているので、レバレッジ数を大きくしすぎると少しの値動きでも損失が大きくなり、強制ロスカットされるリスクが高くなります。

レバレッジ取引をする際は、設定するレバレッジ数には注意しましょう。

 

Bitgetのコピートレードにおけるレバレッジ

Bitgetのコピートレードでは、レバレッジを設定することが出来ます。

 

Bitgetのコピートレードでは、

  • ポジションのレバレッジをフォロー
  • レバレッジ倍数を指定
  • トレーダーのレバレッジで取引

この3種類から選択できます。

 

ポジションのレバレッジをフォロー

トレーダーのレバレッジ設定に関係なく、自分の契約取引レバレッジに従ってポジションをオープンします。

 

レバレッジの例

自分のBTC/USDTの契約取引レバレッジ設定は10倍で、トレーダーの契約取引レバレッジ設定は20倍の状態で、トレーダーがポジションをオープンすると、10倍でその注文をコピーします。

複数のトレーダーをフォローしている場合でも、同様に10倍でコピーします。

 

レバレッジ倍数を指定

複数のトレーダーをコピーしている場合、そのトレーダーのレバレッジに従ってポジションをオープンし、自分の残高が不足している場合コピー注文は失敗します。

 

レバレッジの例

トレーダーAとBのレバレッジはそれぞれ10倍と20倍の場合、Aがポジションをオープンした時は10倍でコピーを行い、Bがポジションをオープンした時は20倍で注文をコピーします。

またトレーダーが100倍などでオープンし自分のウォレットに証拠金が足りない場合はコピー注文はされません。

 

トレーダーのレバレッジで取引

トレーダーがポジションをオープンすると、自分で設定したレバレッジに従ってポジションをオープンし、自分の残高が不足している場合コピー注文は失敗します。

 

レバレッジの例

トレーダーAをコピーする場合、BTC / USDT契約取引を5倍のレバレッジでコピーするように設定していると、トレーダーAが何倍のレバレッジで注文を出すかに関係なく、5倍のレバレッジで注文をコピーします。

 

Bitgetの最大レバレッジ倍率

 

Bitgetの最大レバレッジとは?

最大レバレッジとは、設定できるレバレッジ倍数の最大値を意味します。

Bitgetでは、通貨毎に最大レバレッジ倍率が決まっています。

Bitgetで先物取引をする際は、最大レバレッジ倍率以下のレバレッジに設定するようにしましょう。

 

Bitgetの最大レバレッジ 一覧表

通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USDT 125倍
ETH/USDT 100倍
BCH/USDT 100倍
XRP/USDT 50倍
ADA/USDT 20倍
BTC/USD 125倍
ETH/USD 50倍
BCH/USD 50倍

 

まとめ

この記事では、レバレッジという言葉の説明から、Bitgetのコピートレードでのレバレッジに関して解説してきました。

レバレッジ取引には大きな利益を得やすい反面、損失が大きくなるリスクもあります。

自分の資金の範囲内でレバレッジをかけて、リスク管理をしながら取引をしましょう。

 

Bitgetメニュー

 

コピトレ メニュー