コピートレード

【Bitget】コピートレードのリスク管理|利確・損切りを設定しよう

Bitgetのコピートレードではリスク管理として

  • 利確値
  • 損切り値
  • ポジション数

の3つを設定することが出来ます。

 

Bitget初心者やコピートレード初心者の方は、リスク管理の設定方法が分からないと思います。

この記事では、Bitgetのコピートレードで設定出来る「リスク管理」について解説します。

 

Bitgetとは?

Bitgetは、2018年にシンガポールに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。

現在では10億ドル(約1000億円)の評価を受ける取引所に成長しています。

仮想通貨デリバティブ取引所のランキングでも、トップ10に入るほどの大きな仮想通貨取引所です。

 

Bitgetの詳しい情報は、下の記事で解説しています。

【Bitget】使い方や登録方法、評判を解説しますBitgetの登録方法や使い方、Bitgetの世界的な評判を解説します。 Bitgetに関するまとめ情報を公開しています。 ...

 

Bitgetのコピートレードとは?

Bitgetでは、仮想通貨の先物取引(証拠金取引)が出来ます。

その先物取引をしているトレーダーの取引をコピーできる「コピートレード」という機能があります。

Bitgetに登録しているユーザーであれば誰でもコピートレード機能を使えるので、Bitgetユーザーのほとんどが利用しています。

 

Bitgetのコピートレードについて、下の記事で詳しく解説しています。

【Bitget】コピートレードを設定する方法を動画と画像で解説しますBitgetでは仮想通貨では珍しいコピートレード機能があります。 1分もあれば設定できる簡単な操作なので、この機会に覚えましょう。...

 

Bitget コピートレードのリスク管理について

Bitgetのコピートレードではリスク管理として

  • 利確値
  • 損切り値
  • ポジション数

の3つを設定することが出来ます。

 

リスク管理の設定をしなくてもコピートレードは出来ますが、コピーするトレーダーによってがリスク管理の設定をしたほうが良い場合があります。

この機会にコピートレードのリスク管理の設定方法を勉強しておきましょう。

 

リスク管理はトレーダーごとに設定できる

Bitgetのコピートレードでは、コピーするトレーダーごとにリスク管理を設定できます。

例えば、「トレーダーAのリスク管理の設定値」と「トレーダーBのリスク管理の設定値」を異なる設定にすることも可能です。

 

Bitgetのコピートレードをする際は優秀なトレーダーをコピーされると思いますが、複数人コピーした中でもあまり優秀ではないトレーダーのリスク管理だけを設定するという対応もオススメです。

 

リスク管理はフォロー後でも設定できる

コピートレードのリスク管理はトレーダーをフォローする際に設定しますが、フォロー後でも利確値や損切り値の変更が可能です。

コピーしているトレーダーが思ったように利益が出なかったり想像と違う結果になったりした場合、リスク管理の設定変更も検討しましょう。

 

コピートレードで利確値を設定する方法

利確とは利益確定の略称で、利益(含み益)を決済して利益を確定させることを意味します。

Bitgetのコピートレードでは利確値を設定しておくことで、設定した数値に達したときに自動で利確してくれる機能があります。

 

① コピー注文の編集画面を開く

まずは上の画像のような、Bitgetのコピー注文の編集画面を開きます。

下のように操作すれば、コピー注文編集画面が開けます。

  1. Bitgetアプリの下部メニューバーから「コピー注文」を選択する
  2. ⑴ フォローしているトレーダーの場合
    「コピー注文を編集」を選択する⑵ フォローしていないトレーダーの場合
    「コピー注文」を選択する
  3. リスク管理の欄を開く

 

② 利確値を入力する

リスク管理の利確【利確比率を入力してください】の欄に利確値を入力します。

利確値は「1%〜200%」の間で入力が可能になっています。

Bitgetでコピートレードをした取引が入力した利確値に達した場合、その利確値で自動的に利益が確定されます。

 

③ コピー注文を始めるを選択する

利確値の入力を含めたリスク管理の設定が完了すれば「コピー注文を始める」を選択します。

これにてBitgetコピートレードの利確値設定が完了です。

 

コピートレードで損切り値を設定する方法

損切りとは、損失(含み損)を決済して損失を確定させることを意味します。

Bitgetのコピートレードでは損切り値を設定しておくことで、設定した数値に達したときに自動で損切りしてくれる機能があります。

 

① コピー注文の編集画面を開く

まずは上の画像のような、Bitgetのコピー注文の編集画面を開きます。

下のように操作すれば、コピー注文編集画面が開けます。

  1. Bitgetアプリの下部メニューバーから「コピー注文」を選択する
  2. ⑴ フォローしているトレーダーの場合
    「コピー注文を編集」を選択する⑵ フォローしていないトレーダーの場合
    「コピー注文」を選択する
  3. リスク管理の欄を開く

 

② 損切り値を入力する

リスク管理の損切り【損切り比率を入力してください】の欄に損切り値を入力します。

利確値同様に、損切り値は「1%〜200%」の間で入力が可能になっています。

Bitgetでコピートレードをした取引が入力した損切り値に達した場合、その損切り値で自動的に損失が確定されます。

 

③ コピー注文を始めるを選択する

損切り値の入力を含めたリスク管理の設定が完了すれば「コピー注文を始める」を選択します。

これにてBitgetコピートレードの損切り値設定が完了です。

 

まとめ

この記事では、Bitgetコピートレードのリスク管理について解説しました。

 

繰り返しになりますが、Bitgetのコピートレードではリスク管理として

  • 利確値
  • 損切り値
  • ポジション数

の3つを設定することが出来ます。

Bitgetではトレーダー毎にリスク管理の設定ができるので、必要であれば細かくリスク管理設定をしましょう。

 

Bitgetメニュー

 

コピトレ メニュー